あしたはどっちだ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 護憲派アマゾネスとして

<<   作成日時 : 2007/07/15 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

はじめに、きょうの村野瀬さまの記事の転載から。

転載はじめ。

 

『ネット時代の選挙運動の参考のために (上手にネットを使うべきで、過剰な萎縮は必要ない)

人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)

ネット上での選挙についての発言の参考のために貼っておきます。(適宜追加します)

ネット時代の勝手連と公選法
WEBでの文言いろいろ
http://katteren.blog97.fc2.com/blog-entry-12.html

喜八ログ
ネット選挙、事実上の解禁?
http://kihachin.net/klog/archives/2007/07/kaikin.html

現政治に「ノー」!!!
公選法、ネット解禁か?
http://blog.livedoor.jp/passionmaster/archives/50160690.html


反戦な家づくり
国民は黙ってろ! という公職選挙法
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-397.html

カナダde日本語
選挙期間中のブログ・ウェブページでの政治的言論表明は公職選挙法には違反しない
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-537.html
経由で知った、
Matimulog
no_action_letter総務省の迅速な対応
http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2005/08/no_action_lette_3b49.html

も参考になるでしょう。


津久井進の弁護士ノート
新しい時代のブログと公職選挙法の解釈
http://tukui.blog55.fc2.com/blog-entry-407.html

も読めば万全。


これらを総合すると、過剰な萎縮、過剰な自己規制は必要ないということですね。

それにしても、他者を規制したがるが自分は規制されたくない、他人にきびしく自分に甘いという自民党の体質がまたよくわかりました。









では、選挙に向けて、合言葉を。

政権交代を止めるな。

政権交代は、あらゆる改革につながる本丸。

命落とすな、自公を落とせ。

安倍のカメラ目線が気持ち悪いかどうかを国民に問う選挙です!
(c)水葉さん護憲アマゾネス軍団美人リーダー』

 

転載終わり。( 15日、加筆されたものと差し替えました。)

 

選挙中のネット表現に迷っていたが、過渡期の揺らぎの中ということなのだろうか。

はじめに思った程は不自由でないのかもしれない。

 

さて、今日は護憲派アマゾネスの同志薔薇豪城さんの日記からの部分

転載。

転載開始。

 

「 さて、昨日の「沈黙は共犯」の櫛田ふきさんと一緒に、平和運動をしてきた平塚らいてうの自伝「原始女性は太陽であった」の終わり頃に、参議院選挙について書いてあります。
 50年も前のことなのに、今とそっくり同じ状況。お姉さま達がずっと平和を守るために闘ってきたんだなあと実感します。

 平塚らいてう・原始女性は太陽であった・4
『1956年に行われた参議院選挙は、わたくしに選挙というものの重大さを、今まで以上の痛切さで身にしみて感じさせたのでした。
 
 前年の秋、アメリカと日本の財界が強く望んでいた保守合同が成立して自民党が生まれ、保守派は国会に過半数を得ました。これによってアメリカ依存の力の政策がさらに押し進められ、再軍備や軍事基地の強化、偏狭な国家主義的教育の復活などが、いよいよ強行されてゆくことになるのは明らかですし、そのための憲法改正も、かならず近い将来、時期をみてやるつもりであることは、この年の6月に、かねて岸信介氏らが国会に提出していた憲法調査会法案が、公布をみたことでも分かります。』

 ☆どうですか?らいてうの50年前と今の一致!
 この頃、スエズ運河基地から英軍が撤退、反対にアメリカが沖縄を永久占領しようという「プライス勧告」というものが出たんだそうです。
 らいてうは書いています。

『この2つの領土をめぐる大きな事実の、あまりにもきわだった対照をおもい、わたくしはいまさらながらサンフランシスコ条約を運命の岐路として歩みだした日本の容易ならぬ前途を、あやぶまずにはいられなかったのです。
 その意味からも7月に行われる、第4回参議院議員選挙は、いつの選挙も同じことながら、日本の将来を選ぶ大事な機会であることを、いよいよ深く思うのでした。』

 『(わたくしにいわせれば多数の暴力ということも考えられます。)
 選挙に対するまじめな気持ちが失われたり、棄権したりすることのおそろしさをおもうにつけ、わたくしはとくにこのときの選挙が憲法改正を前にして、生活の安定か再軍備か、独立か、従属かを、国民が選ぶ大事な機会であることを、談話や寄稿で積極的に述べたのでした。
 わたくしのおそれることは、国民の一部に、政治的無関心の層がふえてゆくことでした。
 国会で行われていることを見ると、あるいはバカバカしくもなるでしょうが、議会政治である以上は、選挙が全てを決定するのですから、選挙をおろそかにすることは考えられないことです。』

『選挙に際して、どういう政党を選んで投票したらよいかといえば、それはいうまでもなく、平和のためにたたかってくれる政党、再軍備を絶対に拒否する政党、平和憲法を最後まで守り抜く政党でなければなりません。』

 ☆らいてうのきっぱりとした言葉。今、生きていたらどんな発言をしたでしょうね。女性の参政権をもとめて闘い、平和を願った女性運動のお姉さま達が、私たちの背中をどんと押しているようです。
 らいてうは言い残しています。
『わたくしは永遠に失望しないでしょう』と。」

 

 転載終わり。

 

 これを読んで、「いま」とのあまりの酷似に驚いた。

先達の闘いとってきた今ある権利を、このまま失うようなことには決してしたくない。

メンテナンスしなければ、どんな素晴らしい道具もさび付いてしまう。

絶対捨てたりしないで、鍛えて、磨いて使い込んで これからも大切にしよう。

 らいてうが生きていたら、もちろん「護憲派アマゾネス軍団」のメンバーになってくれたはず。

  

        






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新しい時代のブログと公職選挙法の解釈
1 公示日以降の選挙関係の書き込みはダメ? ということが多くのブロガーの心配事になっていた。 ...続きを見る
津久井進の弁護士ノート
2007/07/15 10:42
現政権のひどさにあきれて「自公打倒!」を望む方のために
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) ...続きを見る
村野瀬玲奈の秘書課広報室
2007/07/15 10:48
ネット時代の選挙運動の参考のために (上手にネットを使うべきで、過剰な萎縮は必要ない)
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) ...続きを見る
村野瀬玲奈の秘書課広報室
2007/07/15 11:35
いろいろ動画
「安倍晋三動画」を観て気分を悪くされた方がいらっしゃいましたら、深くお詫びを申し上げます。以下の皆様の「魂の言葉」に耳を傾け、気分転換をされてください。 「多原かおり」 「とくらたかこ」 「尾辻かな子」。 ...続きを見る
喜八ログ
2007/07/16 21:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもいつも応援ありがとうございます。
転載していただいた私の記事、追記しました〜

「ネット時代の選挙運動の参考のために (上手にネットを使うべきで、過剰な萎縮は必要ない)」
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-320.html
村野瀬玲奈
2007/07/15 11:36
ありがとうございます。
早速差し替えました。
abi.abi
2007/07/15 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
護憲派アマゾネスとして あしたはどっちだ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる